人気の紹介予定派遣を詳しく知りたい!

人材派遣  私が人材派遣コーディネーター時代、お話をさせていただいた登録スタッフの方で一番人気だったのは「紹介予定派遣」という制度です。では、この「紹介予定派遣」というのは一体どういうものなのでしょうか?

 詳しく説明していきましょう。

 まず「紹介予定派遣」という制度、これは正社員を目指す方にぴったりの制度と言えます。

 この制度の仕組みは、その企業の正社員(もしくは契約社員)になるという前提のもと、研修期間を派遣社員として就業し(最長6ヶ月)、その後双方合意の上に直接雇用になるということを言います。

紹介予定派遣の流れ

 紹介予定派遣の流れとしては、人材派遣会社にお仕事が入ると、コーディネーターがお仕事の条件に合う方や紹介予定派遣希望の方に案内します。

 通常の一般派遣の場合、企業には通常あなたの個人情報を伏せたプロフィールシートを提出します。しかし、紹介予定派遣の場合は、書類選考があります。

 あなたはその企業向けに履歴書・職務経歴書などを作成し、人材派遣会社を通してそのまま先方企業へ提出され書類の選考が行われます。その後、書類選考に合格した場合は企業面接に進みます。

 紹介予定派遣のメリットのひとつとして、企業の情報が先にわかるという事、研修期間で合わなければスムーズに退職出来るという理由などが挙げられます。

 これは一体どういう事でしょうか?

 通常、個人で転職する場合、面接に進んでも質問しにくいことがあるかもしれません。その後、採用され転職が成功したとしても「思っていたイメージとちがう…」と思うこともあるかもしれません。

 その点、「紹介予定派遣」の場合、あなたが気になる事は全て派遣会社に質問をする事が出来ます。

  • 「どんな人たちが同僚になるのか」
  • 「前に辞めた方はどんな理由なのか?」
  • 「上司になる方はどんな方なのか?」
  • 「職場はどんな環境なのか?」
  • 「年収、待遇はどうなりますか?」

 あなたの全ての質問に、人材派遣会社の担当の方があなたの代わりに聞いてくれます。 また、オープンには募集をかけていない企業も「良い方がいれば是非!」というスタンスでお仕事が入ってくる可能性がありますので、派遣会社しか知り得ない募集案件なども入ってくるのです。

 また、通常正社員になった際「研修期間」というものがありますよね。紹介予定派遣の場合、最長6ヶ月まで「派遣社員」という身分でこの研修期間を過ごす事が出来ます。

 簡単に言うとこの期間は「お試し期間」であり、もしその企業に入ってから「やっぱりこの企業はやめたい」と思えばスムーズに退職することも可能です。

 「紹介予定派遣」の制度は、派遣社員から正社員にステップアップしたい方には大変おすすめです。 企業も最近では積極的に直接雇用を行っていますし、機会があれば是非挑戦してみてはいかがでしょうか。

採用されるための必勝法

紹介予定派遣で採用されるための必勝法を以下にまとめました。
書類編 >>  面接編 >>  番外編 >>

 

--

0.カテゴリ別一覧

1.人材派遣の基礎

2.会社選び→登録

3.登録後→企業面談

4.人材派遣を賢く利用

5.待遇を知ろう

6.紹介予定派遣用