派遣会社の営業を味方につけよう

人材派遣会社によっても違いますが一般的に人材派遣会社では、コーディネーターと営業担当が役割が分かれているところが多いです。

営業担当は一般的に、コーディネーターが候補にした派遣スタッフを企業へ推薦し就業後もその派遣スタッフの就業状況のフォローを行います。

コーディネーターはお仕事が決まるまでの担当、営業担当はそれ以降を一任する担当とすれば解りやすいでしょうか。

営業担当者はいくつもの自分のクライアント企業や就業中の派遣社員を抱えています。ですので、企業の「経理の人、○日までに紹介してください!」という依頼は営業担当が受けますので、実はコーディネーターより新しく入ってきたお仕事を把握しているのです。

営業担当を味方にすることによるメリット

では、営業担当を味方につけておくと、どういうメリットがあるのでしょうか?それは、まだオープンになっていない求人情報をいち早くあなたに教えてくれる可能性が高くなるという事です。

【・企業から営業へ人材を依頼→営業が案件をまとめコーディネーターへ候補者を探すよう依頼→インターネットへ掲載、あなたへ案内】通常なら、この手順を踏んでコーディネーターからあなたに新着のお仕事の案内が行きます。

それが営業担当を味方につける事によって
【・企業から営業へ人材を依頼→営業担当からあなたにお仕事を紹介】

このように、営業担当にあなたを印象づける事が出来れば、誰よりも早く好条件のお仕事が紹介されるチャンスがあります。しかも、まだインターネットにも掲載していない段階で案内されると他の候補者も少なく、あなたが企業面談に行く可能性もそれだけ高くなります

営業担当の記憶に残るのは、やはり何回か一緒に企業面談に行って不採用になった方などが多いです。営業担当は、自分が自信を持って推薦したスタッフの方なので、「この人を自分の力で別の会社に就業させよう!もっと良い会社を紹介をしてあげなければ!」と不採用にさせてしまったリベンジを誓っていることも少なくありません。

前向きにお仕事を考えている方であれば、営業担当は「この方に合うお仕事を探すように」とコーディネーターに依頼する事もあります。

また営業担当は、あなたが晴れてお仕事に就く事が出来、契約が終了するまで長い付き合いになる存在です。あなたが就業先企業で困った事があったり、問題があった時、いつでも営業担当はあなたの相談にのってくれます。

そして契約終了後も、あなたを「自分のクライアントで就業していたとても優秀なスタッフ」として、次の就業先を探してくれるでしょう。

営業担当者もあなたの派遣ライフを見守ってくれる重要な存在です。もし事前面談に行ってもお仕事がなかなか決まらない時は、営業担当に頼ってみましょう。きっとあなたの味方になってくれるはずです。

--

0.カテゴリ別一覧

1.人材派遣の基礎

2.会社選び→登録

3.登録後→企業面談

4.人材派遣を賢く利用

5.待遇を知ろう

6.紹介予定派遣用