派遣会社のコーディネーターを味方につけよう!

派遣社員との働き方にいち早くたどり着きたいあなた、その秘訣は「人材派遣会社のコーディネータと仲良くなる」ということです。コーディネーターに「あなたの役に立ちたい」、そう思わす事が出来れば、きっとあなたには良いお仕事が紹介してもらえるでしょう。

一体どのようにすればいいのでしょうか?

人材派遣簡単な事です。コーディネーターとマメに連絡を取れば良いのです。

登録後にカウンセリングで話したコーディネーターにお礼のメールをする、お仕事の相談で電話をする、そうする事によってだんだんコーディネーターと関係が築いていくことが出来ると思います。

コーディネーターも何度もあなたとコンタクトを取り、あなたの適正がより把握してくることが出来ます。

そして忘れていけない事は、人材派遣会社から携帯電話へ着信が残っていたり、メールが来ていたら必ず折り返して下さい。コーディネーターは、あなたにお仕事を紹介し何度断られてもしょうがないと思っています。

あなたが本当に希望するお仕事に就く事が出来るまでの過程として認識しています。ですので、「何度も断っているのに悪いなー」などと連絡を取る事におっくうにならないで下さい。それより、コーディネーターが「この方は連絡取りにくいから案内の電話をしても無駄かしら」と思わさないようにする事が大切です。

「携帯電話に着信が残っていたら折り返す」この行為だけで、人材派遣会社のコーディネーターは「律儀な方」「対応の早い方」と、あなたを信頼し、良いお仕事が入ればあなたの顔を浮かべ真っ先に案内をするようになるでしょう。

コーディネーターも気持ちは同じ

派遣会社には日々いろんな人が訪れ、本当に常識を超えた事をされる方、常に不機嫌な対応の方、クレーマー…様々な方たちとコーディネーターはカウンセリングを行っています。

人材派遣会社の登録会に参加する際「良いコーディネーターだったら良いな」とあなたが思うと同時に、コーディネーターも「良い方が登録に来て下されば良いな」と思っています。

ですのでコーディネーターにとって、自分を信頼し頼って下さる登録者の方たちは大切な存在であり、その方たちが良いお仕事に巡り会うという事が1番嬉しい事です。

コーディネーターに「この方になら安心してお仕事を任せる事が出来る、この方のお役に立ちたい」と信頼を得る為には、まず「このコーディネーターにお仕事探しを手伝ってもらおう」と信頼してみましょう。

--

0.カテゴリ別一覧

1.人材派遣の基礎

2.会社選び→登録

3.登録後→企業面談

4.人材派遣を賢く利用

5.待遇を知ろう

6.紹介予定派遣用