派遣社員のメリット/デメリット

人材派遣では、派遣社員という働き方を選んだ方たちはどういう点に魅力を感じているのでしょうか。

気になるメリット、デメリットを3点ずつ挙げています。ただし、みなさんの受け取り方次第で異なりますのであくまでもご参考にされる程度にしてください。

メリット1、自分の好みで仕事が選べる

派遣社員の最大のメリットは、やはり派遣社員の特徴でもある「仕事の条件を自分の好みで選べる」ということではないでしょうか?「時間」「場所」「職種」、これを人材派遣会社へ伝えることによって、その条件に合ったお仕事を紹介してもらえます。

また、フルタイムで働く方は人材派遣会社の社会保険に加入することが出来ます。たとえ、週2回しか働けない方でも、アルバイトより派遣社員のほうが平均時給が高い仕事が多く見られます。

メリット2、事前に就業先のことを詳しく教えてもらえる

働いてみないとわかないことって、たくさんないでしょうか?

せっかく志望する会社へ採用されたもののイメージと違う、ということを防ぐため、人材派遣会社やコーディネーターが、あなたの質問を派遣先企業へ事前に確認してます。

「どんな方が上司か?」「どんな就業環境か?」、正社員での面接では聞きにくいことも、派遣社員の場合は派遣会社が仲介することによってクリアになった上で希望することが出来ます。

メリット3、わずらわしいことが少ない

就業している際、転勤、部署移動などもないので、正社員よりもそういう意味では責任が少なく、業務に集中できると考えているという方が多いようです。

また、何かのトラブルの際は派遣会社が間に入り、派遣先企業へ改善をするよう進言してもらえます。 また正社員と違い、人材派遣には派遣契約期間が必ずあるので、自分に合わない職場だったり退職したくなったらスムーズに退職できます。

デメリット1、「保証がない」「安定して長期で働けない」という声

半面、デメリットとしては「保証がない」「安定して長期で働けない」などの声も良く聞かれます。ただ、派遣先企業による契約期間中のお仕事の中止は法律で禁止されているので、「派遣だから」という理由ですぐに辞めさせられることもありません。

デメリット2、次の仕事がすぐ派遣会社より案内されない

また、お仕事終了時、次の仕事がすぐ派遣会社より案内されなく不安という意見も多く見られます。しかしこれは、正社員であっても退職した場合はやはり次のお仕事を探すわけで、無職の時の「不安」な気持ちというのは前職の雇用形態に関わらず、誰しもが抱えるものだと思います。

デメリット3、収入面

収入面においては、派遣社員の場合、賞与はほとんどありません。また時給に交通費が含まれる場合が多く、派遣先企業の場所、交通の便などを良く検討する必要があります。 しかし給与面でもメリットはあり、派遣社員の場合、8時間以上の労働の際は、残業代が時給が割り増しになり、無駄なサービス残業などもせずに済みます。

また、賞与がない代わり、時給が高く、月の手取り金額が派遣先企業の正社員の方を超えるケースも多々あります。これまでより収入が増えるかどうかはその人の前職での待遇によって異なり、また前述の交通費によって手取のお給料額も変わってきます。

--

0.カテゴリ別一覧

1.人材派遣の基礎

2.会社選び→登録

3.登録後→企業面談

4.人材派遣を賢く利用

5.待遇を知ろう

6.紹介予定派遣用