時給以外に交通費はもらえないの?

人材派遣派遣社員の場合、多くは交通費は時給に含まれています

アルバイトなどでも「時給+交通費別途支給」などもありますので、なんとなく損した気分になってしまう方も多いのではないでしょうか?特に初めて「派遣社員」として働く方には、交通費が実費ということに抵抗がある方も多いようです。

別途交通費支給の場合

しかし、もし「別途交通費支給」になった場合、どういう事が起こりえるのでしょうか?

同じ案件に、AさんとBさんが応募あるとします。二人は同じスキルの持ち主です。勤務地まで、Aさんは交通費200円、Bさんは交通費500円。

その場合、人材派遣会社は迷わずAさんを推薦するでしょう。理由はもちろんお判りのように、スキルに差がなければ交通費の支給が少なくて済むAさんのほうが会社の収支が良くなるからです。

交通費支給にしてしまうと、このような理由により希望のお仕事に採用されない可能性も出てくるのです。実際、正社員の場合「交通費支給」が一般的ですが「自宅が遠い」という事で不採用になる事もあります。

交通費は勤務地や路線によって解消出来る問題です。まず、お仕事を紹介された時に安易に希望するのではなく、交通の便・乗り換え・定期代などを調べた上で検討した方が良いでしょう。

他の路線より高い交通費がかかる路線を使用しない事には通えない企業の場合は,「別途交通費支給」や「一部交通費支給」などもあります。また時給が1000円程度であれば「別途交通費支給」の案件も多くなってきます。

このように交通費の別途支給がなかったり、社会保険の加入があったりなどしますので、派遣社員は「予想より意外と手取りが少ない」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

ただ、どの道、何らかの保険には入らなければいけませんし、アルバイトより派遣社員の時間給というのはとても高額です。それを理解した上で派遣社員という働き方を選んだ方が良いと思います。

社会保険料もお給料によって変わってきますので、人材派遣のコーディネーターに合計いくらぐらい引かれるか相談すると、就業後にお給料の明細を見てビックリするという事も防げるのではないでしょうか。

電車賃、定期代で得するクレジットカードを使う手も

派遣社員は交通費が時給に含まれているとはいえ、view suicaカードを利用すれば1.5%~2%還元できます。チャージするだけでポイントが通常の3倍貯まり、定期代も3倍になります。また、ポイントの3重取りも可能ということで、今申し込みが増えているカードです。

view suicaカードはチャージでお得 >>

--

0.カテゴリ別一覧

1.人材派遣の基礎

2.会社選び→登録

3.登録後→企業面談

4.人材派遣を賢く利用

5.待遇を知ろう

6.紹介予定派遣用