企業との事前面談ってなに!?

人材派遣人材派遣会社からお仕事を紹介され、あなたがその企業を「希望する」と決めるとします。

そうすると、派遣会社は企業にあなたの名前・年齢など個人情報を伏せ、あなたの職務経歴などをまとめたスキルシートを提出します。

そのスキルシートを企業側が見て、あなたを採用するかどうか決めます。その企業がスキルシートをチェックして、この方であれば業務を任せられるのでは、と判断した場合、次は「企業面談」です。

これは実際に先方企業へ人材派遣会社の営業担当と訪問し、実際に職場を見学したり人事担当者や上司になる方とお話が出来ます。

注意点

人材派遣ここで注意点がひとつ。

人材派遣会社によって呼び方はいろいろあると思いますが、「企業面談」「社内見学」「打ち合わせ」「お顔合わせ」などと言われているこの行為、実はあなたは企業に「面接」されています。

そして、この「就業先企業による派遣社員の面接行為」というのは違法な事なのです。

  • 「第26条 7 労働者派遣の役務の提供を受けようとする者は、労働者派遣契約の締結に際し、当該労働者派遣契約に基づく労働者派遣に係る派遣労働者を特定することを目的とする行為をしないように努めなければならない。」

企業による派遣社員の事前面接は、このように労働派遣法により禁じられている行為です。

あくまで企業は派遣会社に業務を依頼しているのであって、派遣会社も労働力を提供するだけなのです。派遣社員は人材派遣会社に属している社員なので、派遣会社がその企業に適している方なのかを判断し派遣されます。 派遣先企業には、その派遣社員の採用の判断・是非の権限はありません。

ですので、派遣会社は違法行為であるため「面接」という言葉を使いません。しかし、実際のところは面接と思って当日臨んだ方が良いでしょう。

では、なぜこのような違法行為が暗黙の了解となり日常的に行われているのでしょうか?

企業は実際に派遣されるスタッフに会う事で安心して職場に受け入れる事が出来る、派遣会社側も、企業と派遣スタッフが直接話す事が出来、就業スタートあとのクレームを防ぐ事が出来る派遣スタッフも先に職場の雰囲気・仕事の内容を聞く事により、安心して業務に就く事が出来るこういうメリットがあるため、この面接行為が当たり前のように行われています。

しかし、派遣スタッフとしてはやはりデメリットがあり、面接行為だけあり、結果その企業に不採用にされる場合もあります。企業によってはいろんな派遣会社に声をかけ、候補者全員に会ってから誰に採用するか決めるというところも多いようです。

ですので、「職場見学に行きましょう」と派遣会社の営業が言ったとしても、「自分は採用された!」と安心してはいけません。気を引き締めて、身だしなみにも気をつけ、企業へ訪問するようにしましょう。

禁じられている面接行為をあなたはされているのです。「私には合わない社風かも…」と思ったら、そこは正直に辞退しても構いません。あなただって、企業を選ぶ権利が十分にあるのですから。

--

0.カテゴリ別一覧

1.人材派遣の基礎

2.会社選び→登録

3.登録後→企業面談

4.人材派遣を賢く利用

5.待遇を知ろう

6.紹介予定派遣用