時給のUPは可能?

人材派遣よく「人材派遣社員には昇給はない」という言葉、聞いた事無いでしょうか?

派遣社員の時給は、企業からの時給-派遣会社の諸経費=あなたの時給です。ですから、人材派遣社員で働くあなたの時給額というのは、企業からの時給額次第で決まるというわけです。しかし時給が必ずしも上がらないというのは正しくありません。

時給を上げるには

もちろん、派遣先企業・人材派遣会社にもよりますし、100%確実の方法ではありませんが、「時給が上がる方法」というものがあります。これは「あなたが会社にいなくてはならない存在になる事」といえます。

派遣社員で就業している方は「私の代わりなんていくらでもいるし、いつ首を切られるかもしれないのに時給のUPなんて恐くて言えない」と思われるかもしれません。

しかし、もしあなたが1年程度同じ企業で就業しており、先方の上司の方(業務命令責任者)と信頼関係が結べており、なおかつその会社の業績が悪化している状況でないのならば、多少の時給交渉は出来る可能性があります。

コーディネーターの本音

もし、あなたが派遣社員で就業していて時給のみに不安があるようであれば、人材派遣会社の営業へ話してみましょう

人材派遣会社側としては、「あなたが就業している」ということを重視します。なぜならあなたが就業し続けているということで企業より派遣会社より毎月報酬が入ってくるからです。コーディネーター側の立場からすれば、時給に不満を感じ契約終了してしまうより、派遣先企業に交渉し時給を上げてもらう方がずっと良いのです。

1年以上就業出来ているということは、先方企業もあなたを重宝しているという事であり、代わりを探す場合はあなた以上の方でなければいけません。そしてあなたの後任を探すという事は、またインターネットに求人の募集を出したり、面談を行ったり、それだけ手間とコストがかかってしまうのです。

最悪の場合、あなたの後任候補者が見つからず、他の派遣会社にあなたのポストを取られてしまう事だってありえるのです。 それならば、多少無理をしてでもあなたの時給を上げた方が良いのです。

就業先企業でも新しい方を入れて、いちから業務を教えるよりはあなたがいてくれ続けたほうがスムーズに業務が進めると考えるはずです。

長年派遣社員として就業していると、ボーナスなどもないですしモチベーションを保っていくのも大変かもしれません。 しかし、考えようによっては「契約更新」された時も、その度に就業先企業は「あなたに引き続きうちの会社にいてほしい」とのサインを送っているのです。

前述の通り、あなたが「会社に必要な人材」になる事が出来れば昇給もありえますし、何よりあなたがその企業でスキルアップしたということではないでしょうか。

--

0.カテゴリ別一覧

1.人材派遣の基礎

2.会社選び→登録

3.登録後→企業面談

4.人材派遣を賢く利用

5.待遇を知ろう

6.紹介予定派遣用