求職中の不安を解消するには?

人材派遣お仕事を探している時、不安や苛立ちを感じる事もあるかもしれません。

求職中の時というのは皆さんデリケートな気分になるものです。不安定な身分、収入面、希望のお仕事が見つからない、ついついマイナスな方向に気持ちが傾きがちです。

登録した人材派遣会社からお仕事の紹介の連絡があり「希望する」とお返事したにも関わらず、「先方企業の都合に今回は募集がなくなってしまいました」、「社内調整になり具体的にご案内が難しくなってしまいました」などと、いろんな理由を付けて派遣会社から断られたり、期待が外れる事も多々あると思います。

そういう状況になってしまった時、「どうせこのお仕事を希望しても無駄だろうな」「私のスキルなら就業は難しいのかもしれない…」、あなたはそう落ち込むかもしれません。では、こういう気分の落ち込みや不安をどう解消していけば良いのでしょうか?

まず、冷静に自分がなぜお仕事に就けないのか考えてみましょう。単にタイミングだけの問題かもしれませんし、あなたと希望条件のスキルが遠すぎるかもしれません。あなたの人柄が希望する業界と合わないかもしれませんし、理由は一人一人違うと思います。

時々、不安や苛立ちを人材派遣会社にぶつけ「お仕事を案内してくれないようなら登録した意味が無い!」と言われる方もいらっしゃいます。…これは全く、賢いやり方とは言えないでしょう。

人材派遣会社からは、もちろん二度とあなたに紹介が来る事はなくなるでしょう。転職は今回だけでなく、これからも幾度となく機会が訪れるかもしれません。その時に、せっかく登録会に参加した派遣会社に頼る事が出来ないなんて、あまりにもったいない話では無いでしょうか。

派遣会社の研修制度を利用

お仕事が決まらない間、ぜひおすすめしたいのは人材派遣会社の研修制度を利用することです。

ずっと家に閉じこもっているより、外に出て、自分のスキルアップを計っている人と触れ合ってみましょう。そうすると、あなたも何か感じる事があるかもしれません。

また、人材派遣会社に頻繁に訪れる事により派遣会社の社員たちと親密になることが出来ます。人材派遣会社の社員も人の子ですから、あなたの頑張っている姿を見て、あなたに真っ先に良いお仕事を紹介しようと思います。

また、もう一つのメリットは、何かに打ち込んで勉強をする事で自分の自信も失わずに済むと思います。 何度も不採用にされると「私はどこに行ってもダメなのでは…」と後ろ向きになりがちです。そしてどんどん消極的になってしまうかもしれません。

「前向きに行動する。」 これはお仕事を探す時、必要な心構えです。

スキルアップの努力をする事により「あのときの私より、スキルが増えた!」と自分の中で誇らしい気持を持つようにしましょう。また、希望条件変更の相談、悩みの相談なども人材派遣会社では随時受け付けているはずです。

もし誰かに相談してみたい時は、人材派遣コーディネーターを訪ねても相談しても良いでしょう。

--

0.カテゴリ別一覧

1.人材派遣の基礎

2.会社選び→登録

3.登録後→企業面談

4.人材派遣を賢く利用

5.待遇を知ろう

6.紹介予定派遣用