スムーズに転職出来るように保険を作ろう

人材派遣他の人材派遣会社からも案内が来ているのですが、そっちは断った方が良いですか?

お仕事を紹介し、「ぜひ希望したい!」と言っていただいた登録スタッフの方にこんな質問をされる時があります。

こう言われた場合、コーディネーターは他の人材派遣会社から案内を受けたお仕事がどの程度進んでいるのか確認します。そして、他の派遣会社でのお仕事がある程度進んでいたら、積極的にあなたを企業に推薦するのは見送るでしょう。

なぜなら、もしこちらがあなたを推薦し企業まで連れて行ったあと「やっぱり最初に他の派遣会社に受けていたお仕事にします」と言われてしまったら、まったくの無駄足になってしまうからです。

誠実で正直な人ほど損をしている可能性が

きっと冒頭のような質問をされる方はとっても正直で良い方だと思います。しかし人が良すぎて時々損をしているかもしれません。

前述の通り、他の人材派遣会社から就業が決まってしまいそうなあなたを候補者にしてしまうのは不安に思い、確実にお仕事を受けて下さる他の候補者の方でそのお仕事のお話を進めてしまうかもしれません。

そしてその結果、あなたが他の人材派遣会社から事前面談に行き不採用になったとき、滑り止めのお仕事はなく、一から求職をする羽目になってしまいます。

誠実な方ほど「実は別の人材派遣会社からも案内が来てて面談待ちです…」などと、ご自分の状況を話して下さいます。しかし、人材派遣会社を賢く使うにはこの断りは無用と言えます。

もし派遣コーディネーターから確認や質問があれば「案内はありません」と嘘をつく事は良くないことですが、一刻も早くお仕事に就きたい時は、いくつかの案件を天秤にかけても良いのではないでしょうか。

人材派遣会社があなたを企業に推薦したところで100%就業に至るかと言えば、そうではありません。不採用になる場合もありますし、逆にあなたが社風を実際に見たり話を聞き、辞退をする可能性だってあるのです。ですので、念には念を重ね、自分が得する方法で動き、派遣会社は賢く利用し使えれば良いと思います。

注意点

ただ注意が必要な点もあります。例えば、第2希望の企業と面談後めでたく採用が決まり、ご自分でも「就業を希望したい」と派遣会社へ伝えたあと、他の派遣会社から紹介されていた第一希望の企業が決まったので辞退する、こんなことは御法度です。

一旦、就業を決意された後の辞退は、派遣会社からの信用を失い2度と案内が来なくなるかもしれないことはもちろん、契約書を交わしていた場合は「契約不履行」として訴えられてしまう可能性もあります。
また迷っている場合は気軽にお仕事を受けないようにしましょう。

「このコーディネーターにはとても親身になってくれたのに、他の派遣会社から仕事が決まったなんて言いにくい…」 そう思われ、いきなり音信不通になる方もいらっしゃいます。 しかし本来、人材派遣会社側も自分の会社から就業に至らなくても登録スタッフの方が良いお仕事に出会えたのであれば喜ぶべき事だと思います。

実際、自分の担当していた登録スタッフの方がお仕事に決まった時、人材派遣コーディネーターもとっても嬉しいものです。 就業が決まった旨の報告は必ずし「また何かの機会があれば宜しくお願い致します」と伝えておきましょう。そうすると、次の転職時も必ずあなたの味方になってくれるはずです。

--

0.カテゴリ別一覧

1.人材派遣の基礎

2.会社選び→登録

3.登録後→企業面談

4.人材派遣を賢く利用

5.待遇を知ろう

6.紹介予定派遣用