登録会で失敗しない為の必勝法

ここでは、登録会で失敗しないための必勝法と注意点を挙げてみましょう。

電話対応スキル

人材派遣登録会の予約の電話、ここからあなたの電話対応業務のスキルは審査されています。

ビジネスマナーが出来ているか、電話対応が業務内容に入るお仕事は任せられるか?登録会予約の電話の時点でチェックします。

人材派遣コーディネーターは登録会時、「電話対応はきっちりしていたが、実際はおとなしい人だな」、「電話応対は良くなかったが、やる気があるのでビジネスマナーを勉強すればもっと良いお仕事を紹介できるのに」など、電話の印象と実際に会ったときのあなたの印象とで、最終的にあなたを判断します。予約の電話からあなたは評価されている事を忘れてはいけません。

ビジネスマナー

次の注意すべき点、登録会ではあなたがビジネスマナーを習得できているかどうか確認されます。これは付け焼き刃では、なかなか難しいかと思われます。また、敬語にこだわりすぎて、あなたの希望条件や思っている事がうまく表現できなければ元も子もありません。
ビジネスマナーに自信がない方でも押さえるポイントがいくつかあります。

・挨拶は必ず大きな声でハキハキと!
「本日は宜しくお願いします」「どうもありがとうございました」
この2つは必ず言えるようにしましょう。挨拶も出来ないようではお仕事は紹介されません。お辞儀、会釈も忘れずに!

・必ず「です」「ます」調は崩さずに
人材派遣コーディネーターによっては登録者の緊張をほぐそうと気さくに説明を行う方もいらっしゃいますが、あくまでお仕事の事ですので「です」「ます」調は崩さないようにしましょう。相づちも「うん」と答えないよう気をつけましょう。

・名刺は立って受け取りましょう!
人材派遣コーディネーターや営業から名刺を受け取る時、座っていても必ず立って受け取りましょう。これは意外と出来ていない方がいらっしゃいます。
ただビジネスマナーを知らないのか、こちらにぞんざいな態度を取っているか解りかねます。

・足を組むのはやめましょう!
登録事項記入時やパソコンへの入力時、ついつい気を抜いて足を組みがちです。これはビジネスマナーではやってはいけない行為です。
派遣会社のスタッフが近くにいなくても十分に注意して下さい。

以上この4点は基本中の基本ですので、必ず守るようにして下さい。
あとはあなたが笑顔でハキハキした応対であれば、敬語が多少間違っていても大丈夫です。

スキルではなく人間力

人材派遣人材派遣会社のコーディネーターが実際に「この方であればお仕事を紹介しやすい」と思う方は「愛想がいい」「柔和な物腰」「笑顔で対応」が出来るなど、実は業務経験、資格などと関係のない事だったりします。

そんなことで自分を決めつけないでほしい!経験スキルで判断してほしい!と憤る方もいらっしゃるかもしれません。しかし、自分に置き換えてみて下さい。

自分が働いている職場に入って来た新人、この方が挨拶しても無視、頼み事をしても嫌そうな顔をする、不平不満を言う、もちろんこんな方とは一緒にお仕事をしたくないですよね?
そんな事にならない為にコーディネーターは、基本的なヒューマンスキルを重視するのです。

しかし、笑顔が苦手な方、無理矢理愛想を振りまく必要もありません。緊張してしまい、どう自分を出していいかわからない方もいらっしゃるかもしれません。そんな時はこのコーディネーターを信用しよう、このコーディネーターと信頼関係を築こうと思うようにしましょう。そうすると、自然にあなたの態度も柔らかくなると思います。

礼儀作法をきっちり行い、にこやかな態度…これは人材派遣会社の登録会での必勝法と言えるでしょう。

--

0.カテゴリ別一覧

1.人材派遣の基礎

2.会社選び→登録

3.登録後→企業面談

4.人材派遣を賢く利用

5.待遇を知ろう

6.紹介予定派遣用