派遣の種類

人材派遣人材派遣には、「一般派遣」・「紹介予定派遣」・「特定派遣」という3つのタイプがあります。

「一般派遣」・「紹介予定派遣」・「特定派遣」について簡単にまとめますが、最近最も人気があるのは、紹介予定派遣です。やはり正社員になれる可能性が大きいことが魅力となっています。

【一般派遣】

通常、派遣社員と呼ばれているのはこの一般派遣になります。これは長期、短期問わず、人材派遣会社へ登録し、派遣先企業でお仕事をしている方たちのことを指します。

【特定派遣】

いろんな企業へ派遣されることを前提に人材派遣会社に所属する形態をいいます。
派遣会社に社員として所属しているため、一般派遣より安定した雇用状態が望めます。
「出向が前提で就職」というイメージでしょうか。

【紹介予定派遣】

紹介予定派遣制度は、2000年12月に解禁になりました。派遣先企業の正社員(または契約社員)に採用されることが前提の上、派遣される形態です。正社員採用の「研修期間」を派遣社員として就業します。

最大6ヶ月派遣社員として就業し、派遣スタッフと派遣先企業の双方が望めば、派遣先企業に直接雇用に至ります。

お互い、派遣期間中に、仕事内容や会社を見極めることができ、最近は人材派遣会社に登録される方も「紹介予定派遣」のみを希望されることが多いようです。

このように、「派遣」と一言で言っても種類がありますので、人材派遣会社へ登録へ行く際は、どの形態が希望か伝える事が大切です。もちろん、派遣の種類について質問をすれば、より詳しくメリットデメリットなどを教えてくれると思います。

--

0.カテゴリ別一覧

1.人材派遣の基礎

2.会社選び→登録

3.登録後→企業面談

4.人材派遣を賢く利用

5.待遇を知ろう

6.紹介予定派遣用