英語を使用して仕事をしたいあなたへ

人材派遣いろんな人材派遣情報サイトを見ていると、目につくのが「キーワード検索ランキング」。

これはみなさんがお仕事を探す際、フリーワードで検索するものです。その中で常に上位に上がっているのが「英語使用」というキーワード。つまり「英語スキル」を活かしお仕事がしたい方がそれだけ多いということです。

派遣社員でも外資系企業での募集は多く、確かに「英語使用」のニーズはあります。しかし、そこで必要なのは語学力だけではなく、職務経歴、スキルなども、もちろん求められるのです。

外資系企業で働いてきて、募集要項の業務内容も経験があり、語学力にも問題の方、この方は応募して採用される確率は非常に高いです。

未経験の方が外資系企業で働くためにはどうすれば良いか?

人材派遣「英語使用」のお仕事を将来希望し、ワーキングホリデイなどで長期的に外国に行く予定がある方は、その外国でオフィスワークのお仕事に就いてください。

そうすれば、日本での外資系企業の経験がなくても、業務上英語を使用した事があり、ビジネスコミュニケーションを取る場合でも語学力が問題ないと判断されます。

また、業務上で英語を使用していきたい方は最低でも、TOEIC650点以上(できれば700点以上)の語学力は必要になってきます。とはいえ、TOEICのスコアが必須という訳ではなく、一つの目安にすぎませんので、語学力に自信のある方は「簡単な翻訳・通訳可能」など、職務経歴書へ記載すると良いでしょう。

また、社内に外国人がいる環境が希望で、英語使用の業務が未経験の方は、グっと我慢して、たとえ社内に外国の方がいなくても、とりあえず業務で英語を使用する事を優先的に考えた方が、今後の転職で有利といえます。メールや電話で英語を使用するところから、スタートしたほうが早くお仕事に就く事が出来ます。

また、英語力があると将来的にも転職に幅が出ます。募集案件もそれだけ多くなりますし、時給も高いです。また、外資系企業の場合、職歴が細かかったり年齢が高くても、実力があれば採用率は高いです。

経理、営業事務、総務、人事、全ての職種で英語使用のお仕事があります。英語力に自信のある方は、外資系企業への人材派遣をチャレンジしてはいかがでしょうか。

--

0.カテゴリ別一覧

1.人材派遣の基礎

2.会社選び→登録

3.登録後→企業面談

4.人材派遣を賢く利用

5.待遇を知ろう

6.紹介予定派遣用