紹介予定派遣で採用される必勝法 ~番外編~

人材派遣紹介予定派遣制度の1番のメリットは、やはり派遣期間中に正社員になるかどうか選べる事です。

実際にその企業で働いてみて、自分に合ってないと思えば派遣契約終了とともにスムーズに終わる事が出来ます。ここでは、番外編をご紹介いたします。

「紹介予定派遣制度」に頼らず、正社員としての転職活動も視野に

…しかし、あなたは本当にそんな理由から、紹介予定派遣を希望しているのでしょうか?根本にあるのは「正社員になりたい」ということが1番の理由ではないでしょうか?

最近では、正社員と非正社員との格差の問題が取りざたされています。もちろん両方ともメリット・デメリットがあり、あなたの価値観やライフスタイルにより働き方を選択出来ます。

紹介予定派遣を希望される方たちは、少なからず「派遣社員」での経験がある方たちです。

そして、その方たちが正社員を目指す理由は「安定したい」「ハケンさんと差別されたくない」「契約終了と簡単に企業から首を切られてしまうのはもう嫌だ」「ボーナスがほしい」など、派遣社員から卒業したいとのお気持ちからのようです。

もし、あなたがそういう気持ちから、本気で正社員になりたいと思うのであれば、人材派遣会社の「紹介予定派遣制度」に頼らず、転職活動をしてみて下さい。世の中には仕事があふれています。

探していくのも大変かと思いますが、転職支援情報サイトなどチェックして、いろんな興味のある会社に実際に応募してみましょう。

人材派遣会社は紹介予定派遣希望者にしてあげられることが少ない

実際のところ、派遣会社は紹介予定派遣が希望の方たちにあまりしてあげることが出来ません。「正社員になりたい」というあなたの気持ちに、人材派遣会社のコーディネーターも営業担当者も、お役に立てる動きがとても少ないのです。

紹介予定派遣の案件の場合、人材派遣会社の出る幕はほとんどありません。あなたにお仕事を紹介し、あなたが希望した場合書類を受け取り、企業へ届ける、面接に日程を組む、このような橋渡し役や連絡係でしか力になれません。

紹介予定派遣の採用方法は、通常の中途採用の方法と変わりありません。ですので、あなたの能力・実力のみでの勝負になるのです。

本気で正社員を目指す方にとって、派遣会社が出来る事はこれくらいです。あとは面接対策や、企業の気になる事を事前にあなたの代わりに聞いたり、協力出来る事は一般派遣に比べて少ないと言えるでしょう。

中途採用で募集をかけているところは即戦力を求めているところも多く、派遣で長く勤められていた方は能力のある方だと評価されます。また求められている年齢層なども明確にしている企業もあるようです。

もし、あなたが早く正社員として就業したい場合、派遣会社だけに頼りっぱなしではなく、ご自分でも転職活動をされることをおすすめします。そして、転職活動に支障が無いように、短期や単発のお仕事で派遣会社を利用し収入を途絶えないようにしても良いと思います。

--

0.カテゴリ別一覧

1.人材派遣の基礎

2.会社選び→登録

3.登録後→企業面談

4.人材派遣を賢く利用

5.待遇を知ろう

6.紹介予定派遣用