派遣社員35歳定年説って本当?

人材派遣「派遣社員35歳定年」という言葉をご存知でしょうか。良く聞かれるものでは、「人材派遣会社は35歳を過ぎると、紹介が来なくなる」、「35歳になるともう更新してもらえなくなる」など、35歳が一つの壁に思われているようです。

では、実際これは本当にある事なのでしょうか?

まず、派遣労働法により、募集・求人に対し年齢制限をする事は禁止されています。ということは、どのお仕事も「年齢不問」であるべきで、本来36歳だから駄目、40歳だから駄目ということは絶対に許される事ではありません。しかし、現状としては「見えない年齢制限」が今も深く根付いています。

では、なぜ定年が「35歳」なのでしょうか?

これは単純に「用事を頼みやすい」というのが35歳以下の年齢の人たちで、35歳以上の経験もスキルも豊富な方に、雑用などは頼みにくい、これが企業の本音の様です。

派遣社員の場合、やはり正社員の方で手が回らないような庶務・雑務を命じられる場合があります。 そこで経験があり、プライドの高い方派遣社員の方からは「なぜ私がそんな仕事をしなければならないのか、契約の業務外ではないのか」とクレームになったりなどのケースが少なからずあるようです。

また他社と比べられたり、企業としても派遣社員が手強い相手になってしまうなどの意見もあります。

しかし、専門性の高い職種であれば35歳以上の方でも、それだけ経験があると重宝されますし、 一概に35歳だから人材派遣の仕事の紹介が来なくなるという訳ではありません

前述のように「仕事が頼みにくい方」というのは確かにいますし、結局企業側は一緒に気持ちよく働ける方、人間性なども重要視しているということではないでしょうか。

35歳定年説を乗り越えるには

では、35歳定年説を乗り越えるにはどうすれば良いのでしょうか。

実際のところ、35歳以上でまず「未経験歓迎」という企業は少ないです。 ですので、35歳までに経験を重ね、また人より優れたスキルを身につける事が大切と言えます。

この「35歳定年説」を逆手に取り、35歳という年齢を一つのターニングポイントとし、それまでに将来を見据えたスキルアップ・目標を探っていくことで、この年齢制限の壁は打ち破る事が出来ると思います。

--

0.カテゴリ別一覧

1.人材派遣の基礎

2.会社選び→登録

3.登録後→企業面談

4.人材派遣を賢く利用

5.待遇を知ろう

6.紹介予定派遣用