コーディネーターは一次面接官です

人材派遣人材派遣会社での登録会では、その会社のコーディネーターもしくは営業担当と「キャリアカウンセリング」という時間があります。この時に、あなたと派遣会社の方が個別に話し、あなたに合ったお仕事を紹介するという時間です。カウンセリングでどんなことを話すか気になる方も多いかもしれません。大きく分けて次の3つになるでしょう。

  • 今までのお仕事の職務経歴、業務内容、退職理由
  • 希望するお仕事の条件、詳細
  • あなたの希望条件に会った案件の紹介

まず、コーディネーターはあなたの職務経歴を聞きあなたの経験を探ります。

登録時に1番やってはいけない事

派遣登録時に1番やってはいけない事は、経験のない事に対して「業務経験がある」と嘘をついてしまう事です。コーディネーターはここであなたの言った事によりお仕事を探し出します。ですので、あなたに紹介されるお仕事も不適切になってしまいます。自分を大きく見せようとせず、ありのままお話しください。

せっかく業務経験が豊富でも、自分のしてきたお仕事を把握できていなかったり忘れていたり、謙遜しすぎると、それもとても大きい損をしていると言えます。特に、コーディネーターからの質問に「忘れました」と答えてしまっては良い印象は持たれません。いいかげんに業務をこなしてきていたのか、などの印象を与えてしまいますので注意しましょう。

「退職理由」を聞かれる場合がある

また、このカウンセリングの際に「退職理由」も聞かれる場合があります。

その際しどろもどろにならない様まとめておいた方が良いでしょう。「一身上の都合」「言いたくありません」などの答えは避けましょう。

その仕事を辞めた理由でも、コーディネーターはあなたに合うお仕事を探すヒントにします。たとえば「喫煙オフィスでつらかった」「社内が年上の方ばかりで…」など正直に言われた方が、その条件を避けたお仕事を探せるのでコーディネーターとしては対応しやすいです。

また時々いらっしゃるのが、退職理由の質問をすると前の会社の愚痴を延々と話す方です。確かに人材派遣コーディネーターには素直にお仕事の相談や悩みを話していただいた方が良いですが、あまりに度を過ぎると「この方は根気がない方かも…」「お仕事に就いても文句を言って辞めてしまうかも…」と思われてしまう場合があります。あくまでコーディネーターと言えどもビジネスライクにお話をされた方が良いでしょう。

希望条件などのヒアリング

希望条件などのヒアリングでは、あなたの思うこと細かくお話ししてください。あなたの希望の職種、場所、時給、全て聞いた上で、コーディネーターは客観的にその希望する仕事にあなたが見合うスキルを持っているかどうか判断します。

「このお仕事に対しては○○のパソコンソフトを勉強した方が良いですよ」「このお仕事には○○の業務経験が必要」など言われた場合、希望職種にあなたの経験スキルでは少し難しいということです。

コーディネーターはいろんな仕事について、それぞれどんな経験やスキルが求められているかを把握しています。コーディネーターのアドバイスは、自分が今、希望するお仕事が可能か不可能か確認できる物差しと言えるでしょう。

お仕事の紹介

以上、あなたの希望条件、職種、今までの経験をヒアリングした上でコーディネーターはあなたへお仕事を紹介します。

もしかすると、あなたが希望していない・考えていなかった仕事でも、コーディネーターがあなたにマッチンングしたお仕事であると判断すればどんどん紹介されます。やりたいことが分からないという人は、そのアドバイスを元に自分では想像もしていなかったお仕事に挑戦してみても良いのではないでしょうか。

また、各業界・職種の動向をわかっている人材派遣コーディネーターは、どれだけあなたが希望しているお仕事でも、ニーズが少なければその方向へ進むことを勧めません。またあなたのスキルでは残念ながら到底難しいお仕事であれば、違う道を提案していきます。

一人ひとりのスキル・経験に合ったもので、募集の多いお仕事、将来性のある仕事を、コーディネーターはアドバイスしてくれます。

このコーディネーターとのカウンセリングが登録会では1番大切な時間です。

お仕事に対し意識が高く前向きに考えている方、業務経験が少なくても努力の姿勢がある方、コーディネーターのアドバイスに素直に耳を傾ける事が出来る方、ヒューマンスキルの高い方、そういう方に対し「この方が良いお仕事に就けるように!」「この人の役に立ちたい」と、コーディネーターもついついさらに親身になってしまいます。

登録会時に紹介するお仕事がなくても、ずっとあなたの事を覚えて良いお仕事が入ればすぐにあなたに連絡するでしょう。

つまり、コーディネーターがあなたを評価しないかぎり、その人材派遣会社は積極的にあなたにお仕事を紹介しない可能性が高いと思っていても過言ではありません。

コーディネーターはあなたの派遣社員としての第一次面接官です。ですので、あくまでビジネスライクな対応を心がける事はもちろんのことです。

しかし、あなたの敵では決してなく、あなたのやる気に答えようとする味方なのです。コーディネーターと良い関係を結べる事、これがあなたの人材派遣ライフを快適に過ごす第一歩です。

--

0.カテゴリ別一覧

1.人材派遣の基礎

2.会社選び→登録

3.登録後→企業面談

4.人材派遣を賢く利用

5.待遇を知ろう

6.紹介予定派遣用