人材派遣会社の仕組みと利用法を理解しよう

 当サイトでは、元・派遣会社スタッフ(派遣コーディネーター)がまとめた以下の6項目(全43記事)について調べることができます。

①人材派遣会社の基礎知識(13)
②派遣会社選び~登録まで(7)
③登録後~企業面談まで(5)
④派遣会社&スタッフを賢く利用する方法(7)
⑤派遣の待遇(6)
⑥紹介予定派遣の基礎と必勝法(4)

人材派遣、派遣社員ってそもそも何!?

 まずはじめに、 皆さんは「派遣社員」「人材派遣」という働き方にどんなイメージを持たれていますでしょうか?

 派遣社員のお仕事を探されている方に、この質問をすると「正社員より敷居が低そう」「バイトより時給が高い」などの声を聞きます。では一体、「派遣社員」「人材派遣」というものはそもそもどういう仕組みで成り立っているのでしょうか?

 「派遣社員」とは、雇用契約を登録している人材派遣会社と結び、派遣会社と契約を交わしている派遣先企業で仕事をする方のことを指します。

 雇用契約は、人材派遣会社より仕事を紹介してもらい、派遣先企業が決まった時点で派遣会社との間で成立します。雇用契約が結ばれると、派遣会社から派遣先企業に派遣され、具体的な仕事の指示は派遣先企業から受けます。

 給与は派遣先企業ではなく、雇用契約を結んでいる派遣会社から支払われます。 そして、派遣期間の終了と同時に、雇用契約も終了します。ですので、ただ派遣会社に登録しただけでは雇用関係は成立しません。

 参考:アルバイト&短期バイト辞典 - 仕事解説と体験談

派遣社員が正社員と異なるところは?

 では、派遣社員が正社員と決定的に異なるところは、どんな点でしょうか?

★派遣社員の1番の特徴

 それはあらかじめ『仕事内容』や『時間』、働く『条件』、『環境』を選ぶことができることにあります。

 正社員の場合、特に新卒の方は「職種」を選ぶというより「会社」を選び就職し、会社側より部署配属されるというパターンがほとんどです。そして、会社が命じた仕事はあらゆる業務も拒否は出来ません。

 その点、派遣社員の場合は、たとえば「経理事務」で就業した場合「受付事務」などの業務を依頼されても、契約外として拒否することができます。ですので、より一つの職種に集中しスキルアップをはかることも可能です。

★派遣社員の2番目の特徴

 登録した派遣会社(派遣スタッフ、派遣コーディネーター)が、あなたに合う仕事を探してくれます。

 人材派遣会社も様々あり、外資系企業に強い、学校事務に強い、など専門性を打ち出している企業、また、福利厚生面での充実を売りにしている企業など、あなたの希望に合わせ登録する派遣会社を選ぶことが出来ます。

 「働く」ということは人生でかかせないことです。どんなお仕事をするか、そしてどんな働き方を選ぶか、あなたには、たくさんの選択肢があるのです。

 最後に、派遣であれ、正社員であれ、バイトであれ、資格を持っていると有利に働きます。歯科助手や医療事務、宅建などは半年~1年間で取得できます。また、最近は図書館司書も密かな人気となっています。もちろん、資格に盲信してはいけませんが、資格取得をすることにより、あなた自身に強い自信がつきます。

フリーターの方へ~派遣社員になってみよう

人材派遣会社に登録すると、あなたの希望条件によって様々な仕事を派遣会社から紹介されます。とはいえ、アルバイト経験だけで派遣社員になれるものでしょうか?アルバイトが長かった方で、皆さん1度は経験のあるお仕事は「接客業」ではないでしょうか? 実はフリーター経験がなく就職した方に比べ、アルバイト経験が豊富で接客業などの経験がある方のほうが「コミュニケーション力」が高いという事が多々見られます。
フリーターの方へ~派遣社員になってみようの続き >>

希望と違うお仕事の案内が来るのはどうして!?

登録した人材派遣会社から希望条件や希望職種と全く違うお仕事の案内が来る事ってないでしょうか?特に人材派遣会社から送られてくる、新着お仕事案内のメールに特にそういう傾向がないでしょうか?
希望と違うお仕事の案内が来るのはどうして!?の続き >>

0.カテゴリ別一覧

1.人材派遣の基礎

2.会社選び→登録

3.登録後→企業面談

4.人材派遣を賢く利用

5.待遇を知ろう

6.紹介予定派遣用